沿革

摂津市で障害・高齢・児童福祉に取り組む2法人が前身

社会福祉法人摂津宥和会の前身は、社会福祉法人摂津市社会福祉事業団と社会福祉法人宥和会です。摂津市社会福祉事業団は、1980年代から障害児者・高齢者関連の福祉施設を運営。宥和会は、2002(平成14)年に発足し、知的障害者の入所・通所施設を運営してきました。
2015(平成27)年に2法人が合併し、社会福祉法人摂津宥和会が発足。2法人それぞれが培ってきた専門性を生かしつつ、摂津市の障害者、高齢者、児童の福祉を幅広く担っています。障害のある人もない人も、高齢者も子どもも、地域で支えあい安心して暮らせる社会づくりを目指しています。

摂津宥和会のあゆみ

●(旧)摂津市社会福祉事業団の事象
◆(旧)宥和会の事象

1982(昭和57)年2月 ●社会福祉法人摂津市障害児童センター 設立
1982(昭和57)年4月 ●知的障害児通園施設「摂津市立つくし園」開設
●心身障害児通園事業「めばえ園」開設
1983(昭和58)年4月 ●知的障害者通所授産施設「摂津市立ひびき園」開設
1984(昭和59)年4月 ●「摂津市立身体障害者福祉センター」開設
●「摂津市立老人福祉センター」開設
1986(昭和61)年3月 ●社会福祉法人摂津市障害児童センター 解散
1986(昭和61)年4月 ●社会福祉法人摂津市社会福祉事業団 設立
●摂津市障害者職業能力開発センター「せっつくすのき」開設
1988(昭和63)年4月 ●「摂津市立第1児童センター」開設
1989(平成元)年4月 ●知的障害者通所更生施設「摂津市立はばたき園」開設
2002(平成14)年4月 ◆社会福祉法人宥和会 設立
◆知的障害者入所更生施設「摂津市立みきの路」開設
2008(平成20)年4月 ●障害者就業・生活支援センター事業(雇用安定等事業・生活支援等事業)を受託
2010(平成22)年1月 ◆障害者支援施設「摂津市立みきの路」へ移行
2010(平成22)年4月 ●「障害者総合支援センター」(障害者相談支援センター、就業・生活支援センター、日中一時支援事業)開設
2010(平成22)年11月 ●「摂津市立ひびき園」と「摂津市立はばたき園」が、多機能型事業所「摂津市立ひびきはばたき園」へ移行
2012(平成24)年3月 ●移動支援事業「てくてく」を開始
2012(平成24)年4月 ◆グループホーム「サルビア」開設
●「障害者総合相談支援センターが」、摂津市基幹相談支援センター等機能強化事業へ移行
●「摂津市立障害児童センター」が、児童発達支援事業・放課後等デイサービス事業へ移行
2014(平成26)年4月 ●「摂津市立障害児童センター」が「摂津市立児童発達支援センター」へ名称変更
2014(平成26)年12月 ◆グループホーム「ガーベラ」開設
◆「摂津市立みきの路」で、摂津市と「災害時における福祉避難所の設置運営に関する協定」を締結
●「摂津市立ふれあいの里」で、摂津市と「災害時における福祉避難所の設置運営に関する協定」を締結
2015(平成27)年4月 社会福祉法人摂津市社会福祉事業団と社会福祉法人宥和会が合併。社会福祉法人摂津宥和会 設立
2015(平成27)年10月 グループホーム「オリーブ」開設
2016(平成28)年3月 グループホーム「コスモス」開設
2016(平成28)年9月 グループホーム「サクラ」開設
2017(平成29)年4月 法人本部を、摂津市桜町2-1-7に移転
摂津市立ひびきはばたき園で、「自立訓練(生活訓練)」を開始
摂津市立児童発達支援センターで、「くまさん教室(親子教室)」を開始
地域生活支援センターにCSW(コミュニティソーシャルワーカー)を配置
2017(平成29)年10月 摂津市障害者総合支援センターを、摂津市学園町2-9-28に移転
2018(平成30)年4月 摂津市障害者総合相談支援センターで実施していた障害児相談支援事業を、摂津市立児童発達支援センターへ一本化
2019(平成31)年4月 別府コミュニティセンターで「こども食堂」開始